名古屋・愛知の葬式・葬儀・葬祭-愛昇殿HOME葬儀のマナー>訃報を受けたら

訃報を受けたら

 

訃報を電話で受けたとき

● 必ず「いつ」「どこの」「だれが」死去されたのかを確認し、通夜、葬儀、告別式の日時と会場を聞いておきます。

● 弔電を打つ場合もあるので、喪主名、住所、必要に応じて電話番号を聞いておきます。

※愛昇殿では、ご参列の通夜・葬儀の日時、会場などが記載された訃報用紙をご用意いたします。 ご請求いただければ、ファックスでお送りいたします。

仕事関係の場合

● 訃報が入ったら、以下の件に関して、直ちに会社としての対応を決め、すみやかに行動します。

※ 決定に際しては、前例や同じ立場にある会社と相談して決定することもあります。
・弔電の有無及び発信者名
・香典の額及び供花・供物の取り扱い
・通夜の出欠と弔問者名
・葬儀参列者の決定
・その他(お手伝いなどの申し出)

※社葬をご希望の方は、社葬用記入用紙をご利用ください。

● とくに関係が深い場合は、とりあえず駆けつけることがあります。

※このときは平服で構いません。

● 長話は禁物です。用事が終わり次第失礼するようにします。

 

弔電の打ち方

<弔電の作法>

● 葬儀の連絡を受けた時は、参列出来ない場合や、関係により、弔電を打ちます。

● 弔電の宛先は喪主名とします。喪主名がわからないときや、関係により、自社関係者宛に打つこともあります。

● 弔電の届け先は原則として式場とします。ただし状況により、ご自宅・お寺などに打っても構いません。

※ 受取人の住所と異なる場所へ打つときは、□□気付○○○○様とします。

● 密葬時に弔電を打った場合は、社葬のとき改めて弔電を打つ必要はありません。

<弔電の打ち方>

● 電話で弔電を打つ場合は、電報「115番」にダイヤルします。

● 弔電は午前8時から午後10時まで受け付けてくれます。

※ 午前8時から午後7時までに打った弔電は当日中に配達されます。

※愛知県・岐阜県・三重県・長野県下の愛昇殿へパソコン・携帯電話のインターネットから1通315円(税込)で弔電が送れます。 (24時間受付)

 

供花・供物の手配

● 供花・供物は、葬儀を主催するご遺族、会社に連絡して手配していただくとよいでしょう。

※ 会社名・肩書き・氏名を間違えないように伝えます。

※供花・供物の手配は、愛昇殿で受付いたします。

ページの先頭へ